一般社団法人 日本フィトセラピー協会


植物各論説明一覧

植物の効能や特徴について紹介します

ア行カ行サ行タ行ナ行ハ行マ行ヤ行ラ行

ア行

1)アーティチョーク 
~肝臓の活力ハーブ~
学名 キナラ・スコリムス





Cynara scolymus
和名 朝鮮薊(チョウセンアザミ)
科名 キク科
有効成分 フェノール酸[クロロゲン酸、シナリン、カフェ酸]
苦味質[シナロピクリン]、フラボノイド配糖体[スコリモサイド]
フィトステロール[タラサキステロール]
作用 消化機能亢進・強肝・利胆
ブレンド例 +レモングラス+ペパーミント/油っぽい食事の後に
+ローズマリー+ルイボス/疲れがとれないと感じる時に
2)イランイラン  
~解放感、ゆるみをもたらせる香り~
学名 カナンガ・オドラタ


【水蒸気蒸留法】



Cananga odorata
和名 イランイランノキ
科名 バンレイシ科
有効成分 リナロール、ゲラニオール、酢酸ベンジル、安息香酸メチル
作用 鎮静・高揚・皮脂バランス・ホルモン分泌調整
ブレンド例 +オレンジ+ラベンダー/深いリラックスに、甘さを抑えて嗅ぎやすい香りに
+ゼラニウム/女性ホルモンを整える。月経前のゆるみに。スキンケアにも
3)ウスベニアオイ 
~軟化のハーブ~
別名 マローブルー




学名 マルウァ・シルウェストリス
Malva sylvestris
和名 薄紅葵(ウスベニアオイ)
科名 アオイ科
有効成分 粘液質、アントシアニジン[デルフィニジン]、タンニン
作用 皮膚、粘膜の保護・刺激緩和・軟化
ブレンド例 +エルダーフラワー+タイム/喉の痛みをやわらげる
+ジャーマンカモミール/お肌の保湿パックに
4)エキナセア 
免疫の応援団
別名 パープルコーンフラワー



学名 エキナケア,アングスティフォリア,パリダ,プルプレア
Echinacea angustifolia , E.pallida , E.prpurea
和名 紫馬簾菊(ムラサキバレンギク)
科名 キク科
有効成分 カフェ酸誘導体[エキナコシド、シナリン]、多糖類[ヘテログリカン類]
アルキルアミド[イソブチルアミド]、精油、ピロリジジンアルカロイド(微量)
作用

免疫賦活・創傷治癒・抗菌・抗ウイルス・消炎

風邪・インフルエンザなどの上気道感染症
尿道炎などの泌尿器系感染症・治りにくい傷・水虫

ブレンド例

+エルダーフラワー+ローズヒップ:風邪をひいてしまったら。

+タイム:喉の痛みを感じる風邪に。

5)エルダーフラワー   
カタル症状の緩和
学名 サンブクス・ニグラ




Sambucus nigra
和名 西洋庭常(セイヨウニワトコ)
科名 スイカズラ科
有効成分

精油、フェノール酸[クロロゲン酸]、

フラボノイド配糖体[ルチン、クエルシトリン]、粘液質、

青酸配糖体[サンブニグリン(痕跡量)]
ミネラル(とくにカリウム)

作用 発汗・利尿・抗アレルギー・鎮静
ブレンド例

+エキナセア+ローズヒップ:風邪のケアに。

+ローズマリー+ルイボス:体を温めたいときに。

6)オレンジ  
心身の温め
学名 キトルス・シネンシス
【圧搾法】



Citrus sinensis
科名 ミカン科
有効成分 リモネン・リナロール・シトラール・オクタナール・デカナール
作用 緩和・食欲促進・消化器系機能調整・血行促進
ブレンド例

+ラベンダー:リラックス、心をおだやかに静めたい時に。

+マジョラム:心身共に温めたい時の芳香浴、マッサージに。

7)オレンジフラワー 
~リカバリーハーブ~
学名 キトルス・アウランティウム






Citrus aurantium
科名 ミカン科
有効成分 精油、フラボノイド配糖体[ネオヘスペリジン、ナリンギン]
作用 鎮静・緩和
ブレンド例 + ローズ+ラベンダー/目でも楽しむヒーリングティー
+ レモンバーベナ/ストレスで傷んだ消化器ケアに

カ行

8)カレンデュラ 
粘膜、皮膚の炎症に
別名 マリーゴールド・ポットマリーゴールド




学名 カレンドゥラ・オフィキナリス
Calendula officinalis
和名 唐金盞花(トウキンセンカ)
科名 キク科
有効成分

カロテノイド[ルテイン、リコピン]、フィトステロール[タラキサステロール]、

フラボノイド[クエルセチン]、苦味質、多糖類、精油

作用 皮膚・粘膜の修復・消炎・抗菌・抗真菌・抗ウイルス
ブレンド例

+ジャーマンカモミール+マローブルー:胃の痛みを感じる不調に。

+ラベンダー:皮膚のトラブルに(外用)

9)クラリセージ   
~心身のゆるみ、女性ホルモンのサポートに~
学名 サルウィア・スクラレア
【水蒸気蒸留法】



Salvia sclarea
和名 オニサルビア
科名 シソ科
有効成分 酢酸リナリル、リナロール、スクラレオール
作用 鎮静・緩和・鎮痛・ホルモン分泌調整
ブレンド例 +ゼラニウム+サンダルウッド/月経前のイライラを鎮める
+イランイラン/月経前の心身のゆるみを深めたい時に
10)グレープフルーツ   
~疲労回復、リフレッシュの香り~
学名 キトルス・パラディシ
【圧搾法】



Citrus paradisi
科名 ミカン科
有効成分 リモネン、ヌートカトン、オクタナール、シトラール、ゲラニオール
作用 消化器系機能亢進・活力増進
ブレンド例 +レモングラス+ペパーミント/心身の疲れを感じる時に、目覚めがスッキリしない時に
+ジュニパー+サイプレス/むくみ、体のデトックスマッサージに

サ行

11)サイプレス  
~収斂、引き締めの植物~
学名 クプレッスス・センペルウィレンス
【水蒸気蒸留法】



Cupressus sempervirens
和名 糸杉(イトスギ)
科名 ヒノキ科
有効成分 α-ピネン、γ-カジネン
作用 収れん・体液バランス調整・ホルモンバランス調整
ブレンド例 +グレープフルーツ+ジュニパー/むくみ、デトックスのボディマッサージに
+ユーカリ+フランキンセンス/呼吸器系のケアに
12)サンダルウッド    
深い鎮静
学名 サンタルム・アルブム
【水蒸気蒸留法】



Santalum album
和名 白檀(ビャクダン)
科名 ビャクダン科
有効成分 サンタロール・サンタレン・サンテノン
作用 鎮静・泌尿器の強壮作用・抗菌作用・呼吸器に対する抗炎症作用
ブレンド例

+フランキンセンス:心を深く静め、クールダウンさせたい時に。

+イランイラン:深いリラックス、バスタイムに。

13)ジュニパー    
心身のデトックス
学名 ユニペルス・コンムニス
【水蒸気蒸留法】



Juniperus communis
和名 セイヨウネズ
科名 ヒノキ科
有効成分 α-ピネン・カリオフィレン・ボルネオール・シトロネロール
作用 利尿・抗菌・鎮痛・抗リウマチ・発汗・頭脳明晰
ブレンド例

+サイプレス+グレープフルーツ:むくみ、デトックスブレンド。

+ローズマリー:肩こり、筋肉痛の予防、改善マッサージに。

14)ジャーマンカモミール 
ピーターラビットのお茶
学名 マトリカリア・カモミラ




Matricaria chamomilla(Matricaria recutita)
和名 加密列(カミツレ)
科名 キク科
有効成分 精油、セスキテルペンラクトン類、フラボノイド、コリン、クマリン類
作用 消炎・鎮静・鎮痙・駆風
ブレンド例

+ペパーミント:食欲不振、過敏性腸症候群など消化器の不調に。

+リンデン+オレンジフラワー:心がデリケートな時に。眠る前に。

15)スギナ(ホーステール)  
~ケイ素のハーブ~
学名 エクイセトゥム・アルウェンセ




Equisetum arvense
和名 杉菜(スギナ)
科名 トクサ科
有効成分 ミネラル[ケイ酸およびケイ酸のカリウム、アルミニウム、マグネシウム塩]、  
フラボノイド[クエルセチン]、アルカロイド[パルストリン]
作用 利尿・ケイ素の補給
ブレンド例 +ヒース+ローズヒップ/利尿、泌尿器感染症に、肌を健やかに保つ
+ネトル+ダンディライオン/春季療法などデトックスに
16)スィートマージョラム  
~情緒をあたためる香り~
学名 オリガヌム・マヨラナ
【水蒸気蒸留法】



Origanum majorana
和名 マヨラナ
科名 シソ科
有効成分 テルピネン-4-オール、サビネン、γ-テルピネン
作用

鎮静・緩和・鎮痛

心身の緊張およびそれに伴う不眠・筋肉痛・リウマチ・腰痛・生理痛・ストレスによる消化器系の不調

ストレスによる不安・悲しみや孤独感を慰める

ブレンド例 +オレンジ/心とからだをあたためるブレンド
+ローズマリー/肩こり、筋肉をやわらげるマッサージに
17)セージ 
救いのハーブ
学名 サルウィア・オフィキナリス




Salvia officinalis
和名 薬用サルビア
科名 シソ科
有効成分 フラボノイド、精油、フェノール酸(ロスマリン酸)、カルノソール
作用

抗菌・抗真菌・抗ウイルス・収れん

口腔、咽頭の炎症・口内炎・歯肉炎・更年期や心身症の発汗異常
寝汗・多汗・月経過多・母乳の分泌を抑える・失禁防止

ブレンド例

+タイム+ペパーミント:抗菌、喉の痛みを感じる時、うがいに。

+ラベンダー:ニキビ肌のケアに(外用)

18)ゼラニウム   
バランスをとる
学名 ペラルゴニウム・グラウェオレンス
【水蒸気蒸留法】



Pelargonium graveolens
和名 匂天竺葵(ニオイテンジクアオイ)
科名 フウロソウ科
有効成分 シトロネロール・ゲラニオール・リナロール・メントン
作用 緩和・ホルモン分泌調整・防虫
ブレンド例

+イランイラン:女性ホルモンのサポートケアに。心身のゆるみ。

+ラベンダー:フェイシャルマッサージに。オールスキンタイプ。リラックス。

19)セントジョンズワート 
サンシャインハーブ
学名 ヒペリクム・ペルフォラトゥム



Hypericum perforatum
和名 西洋弟切草(セイヨウオトギリソウ)
科名 オトギリソウ科
有効成分

ジアンスロン類[ヒペリシン、ソイドヒペリシン]、

フラボノイド配糖体 [ルチン、ヒペロシド]、

ハイパーフォリン、タンニン、精油

作用 抗うつ・消炎・鎮痛
ブレンド例

+ローズ:月経前症候群、更年期の心の不調に。

+ベルベーヌ+ペパーミント:うつうつした気分をスッキリ。

タ行

20)タイム 
~抗菌、呼吸器サポートハーブ~
学名 ティムス・ウルガリス



Thymus vulgaris
和名 立麝香草(タチジャコウソウ)
科名 シソ科
有効成分 精油、フラボノイド[アピゲニン、ルテオリン]、タンニン、サポニン
作用 抗菌・去痰・鎮痙      
ブレンド例 +セージ/咳を鎮める、うがいや蒸気吸入に
+マローブルー+ローズヒップ/喉の痛み、飲みやすくなるブレンド
21)ダンディライオン 
肝臓、腸内細菌の味方
学名 タラクサクム・オフィキナレ
【水蒸気蒸留法】



Taraxacum officinale
和名 西洋蒲公英(セイヨウタンポポ)
科名 キク科
有効成分 炭水化物[イヌリン]、フィトステロール[タラキサステロール]、
苦味質[タラキサシン]、フェノール酸[カフェ酸]、ミネラル[カリウム、カルシウム]
作用 強肝・利胆・緩下・利尿・浄血・催乳
ブレンド例

+フェンネル…苦味がやわらぐ・整腸作用、催乳作用が高まる

+たんぽぽコーヒー…ノンカフェインコーヒーとして知られている

22)ティートリー     
パワフルな抗菌作用
学名 メラレウカ・アルテルニフォリア
【水蒸気蒸留法】



Melaleuca alternifolia
科名 フトモモ科
有効成分 テルピネン-4-オール・γ-テルピネン・1,8-シネオール
作用 抗菌・抗ウイルス・抗真菌・消炎・鎮痛
ブレンド例 +レモン:風邪予防の芳香浴に。
+ペパーミント:除菌スプレー、エアフレッシュナーに。
23)チェストベリー 
~女性の味方、ホルモン調整ハーブ~
学名 ウィテクス・アグヌス カストゥス




Vitex agnus castus
和名 西洋人参木(セイヨウニンジンボク)
科名 クマツヅラ科
有効成分 イリドイド配糖体[アウクビン、アグヌシド]、
フラボノイド[カスティシン]、 フラボノイド配糖体[ビテキシン]、精油
作用 ホルモン分泌調整作用
ブレンド例 +ラズベリーリーフ+ローズ/PMSを和らげる
+ベルベーヌ+ミント/チェストベリーを飲みやすく

ナ行

24)ネロリ  
~ストレスを和らげる、デリケートな心に~
学名 キトルス・アウランティウム
【水蒸気蒸留法】



Citrus aurantium
和名 ネロリ
科名 ミカン科
有効成分 リナロール・酢酸リナリル・リモネン・ネロール・ ネロリドール・ゲラニオール
作用 鎮静・緩和・高揚
ブレンド例 +オレンジ/落ち込みなど心をなぐさめたい時に
+フランキンセンス/小じわの予防、エイジングスキンケアに
25)ネトル   
血液浄化
学名 ウルティカ・ディオイカ




Urtica dioica
和名 セイヨウイラクサ
科名 イラクサ科
有効成分 フラボノイド[クエルセチン]、フラボノイド配糖体[ルチン]、
クロロフィル、フィトステロール[β-シトステロール]、
β-カロテン、ビタミンC、葉酸、
ミネラル[ケイ酸、カルシウム、カリウム、鉄]、
刺毛にアミン類[ヒスタミン、セロトニン、コリン]
作用 利尿・浄血・造血
ブレンド例

+エルダーフラワー+ローズヒップ:花粉症の季節に。

+ルイボス:虚弱、貧血、妊娠中の栄養補給に。アレルギーケアに。 

ハ行

26)ハイビスカス 
疲労回復、代謝促進
別名 ローゼル
(がく)



学名 ヒビスクス・サブダリファ
Hibiscus sabdariffa
科名 アオイ科
有効成分 植物酸[クエン酸、リンゴ酸、ハイビスカス酸]
アントシアニン色素[ヒビスシン]
粘液質、ペクチン、ミネラル[鉄、カリウムなど]
作用 代謝促進・消化機能促進・緩下・利尿
ブレンド例

+ローズヒップ:酸味がやわらぐ・ビタミンC補給により疲労回復の作用が

+ペパーミント:よりスッキリした味わい・アイスティーでも楽しめる

27)パッションフラワー 
~天然の精神安定剤~
学名 パッシフロラ・インカルナタ



Passiflora incarnata
和名 チャボトケイソウ
科名 トケイソウ科
有効成分 フラボノイド[アピゲニン]、フラボノイド配糖体[ビテキシン]
インドールアルカロイド[ハルマン、ハルモール]、
青酸配糖体[ジノカルディン]
作用 (中枢性)鎮静・鎮痙
ブレンド例 +オレンジフラワー+リンデン/眠りをぐっと深めたい時に
+セントジョーンズワート/さらに精神安定作用を高めたい時に
28)ヒース 
~美白のハーブ~
別名 ヘザー




学名 エリカ・ウルガリス
Erica vulgaris
和名 ギョウリュウモドキ、エリカ
科名 ツツジ科
有効成分 ヒドロキノン配糖体[アルブチン、メチルアルブチン]、    
フラボノイド、タンニン
作用 美白・尿路消毒・抗菌・利尿
ブレンド例 +ローズ+ローズヒップ+ハイビスカス(小々)/女子力を高めるブレンド
+ラズベリーリーフ+ジャーマンカモミール/美白ブレンド
29)フェンネル 
~甘い風味のスパイス~
学名 フォエニクルム・ウルガレ



Foeniculum vulgare
和名 茴香(ウイキョウ)
科名 セリ科
有効成分 精油、油脂、フラボノイド[クエルセチン、ケンフェロール]、
フラボノイド配糖体[ルチン]、タンパク質
作用 駆風・去痰・鎮痙
ブレンド例 +ジャーマンカモミール/消化器をととのえ、心身を温めるブレンド
+ダンディライオン/ママさんのお茶。催乳作用を高めるブレンド
30)フランキンセンス   
~深い呼吸に導く香り~
別名 オリバナム/乳香
【水蒸気蒸留法】



学名 ボスウェリア・カルテリィ   スリフェラ
Boswellia carterii・B.thurifera
科名 カンラン科
有効成分 α-ピネン、リモネン、ボルネオール
作用

鎮静・抗菌・収れん・呼吸器系機能調整

気管支炎・喘息等の呼吸器系疾患

不安、強迫観念を和らげる

シワ、たるみの改善・老化肌・収れん作用・               

皮膚細胞の再生促進作用

ブレンド例 +ラベンダー/心身を浄化したいときに
+ゼラニウム/保湿のためのマッサージオイルに
31)ペパーミント  
胃腸の味方
学名 メンタ・ピペリタ



Mentha piperita
和名 西洋薄荷(セイヨウハッカ)
科名 シソ科
有効成分 精油(ℓ-メントール)、フラボノイド、シソ科タンニン、フェノール酸
作用

賦活(のち鎮静)・鎮痙・駆風・利胆

腹部膨満感・鼓腸・食欲不振・過敏性腸症候群・吐き気・胃痛・筋肉痛

眠気、集中力欠如

ブレンド例 +ローズマリー+レモングラス:目覚めのハーブティー、リフレッシュ。
どんなハーブとも相性がよく、飲みやすくしてくれる。
32)ベルベーヌ 
香りでうっとりイブニングティー
別名 レモンバーベナ




学名 リッピア・キトリオドラ
Lippia citoriodora
和名 香水木(コウスイボク)
科名 クマツヅラ科
有効成分 精油・(シトラール・リモネン・ゲラニオール・ネロール など)フラボノイド
作用

鎮静・緩和・消化促進

食欲不振・消化不良

軽い興奮を抑える

ブレンド例 +ペパーミント…消化促進、誰にでも愛されるブレンド
+ラベンダー…眠りを深める、就寝前のリラックスティー・ラベンダーを飲みやすくする
33)ベルガモット  
リラックス&リフレッシュ
学名 キトルス・ベルガミア
【圧搾法】



Citrus bergamia
科名 ミカン科
有効成分 リモネン・酢酸リナリル・リナロール・ベルガプテン
作用

鎮静・緩和・消化器系機能調整・血行促進・抗菌

食欲不振・消化不良・膀胱炎・冷え

不安・抑うつ・不眠・神経バランス調整

ブレンド例

+ゼラニウム:気持ちの落ち込み、心のバランスを整えたい時に。

+イランイラン:リラックス、ゆるみが必要な時に。

マ行

34)マテ 
~飲むサラダ~
学名 イレクス・パラグアリエンシス




Ilex paraguariensis
和名 マテ
科名 モチノキ科
有効成分 アルカロイド[カフェイン、テオブロミン、テオフィリン]、
フェノール酸[カフェ酸、クロロゲン酸]、フラボノイド、
ビタミン[B2・B6・C]、ミネラル[鉄、カルシウム、カリウム]
作用

興奮・利尿・グリコーゲン分解・脂肪分解

肉体疲労・肥満・リウマチ痛・頭痛

精神疲労・抑うつ

ブレンド例 +ハイビスカス+ペパーミント/夏バテ予防のリフレッシュティー
+ローズマリー+ルイボス/目覚め&リフレッシュハーブティー
     
35)マルベリー 
~東洋の減糖茶~
学名 モルス・アルバ



Morus alba
和名 唐桑(トウグワ)
科名 クワ科
有効成分 DNJ(デオキシノジリマイシン)、ガンマアミノ酪酸、クロロフィル、
フィトステロール[シトステロール]、ミネラル[鉄、カルシウム、亜鉛]
作用

血糖調整・整腸作用

糖尿病・肥満などの生活習慣病予防

鎮静

美白

ブレンド例 +ペパーミント/食事と一緒のハーブティー
+ローズ/午後のリラックスティー、おやつのお供に

ヤ行

36)ユーカリ     
風邪予防、呼吸器のサポート
学名 エウカリプトゥス・グロブルス
【水蒸気蒸留法】



Eucalyptus globulus
科名 フトモモ科
有効成分 1,8-シネオール・α-ピネン
作用

抗ウイルス・抗菌・殺菌・消炎・鎮痛・鎮痙・空気の浄化

アレルギー症状に伴うイライラ、不快感の解消・リフレッシュ

ブレンド例 +ペパーミント:風邪予防、抗菌エアフレッシュナーに。鼻水、鼻づまりの吸入。+レモングラス:筋肉痛のケア、マッサージオイルに。

ラ行

37)ラズベリーリーフ   
~安産のハーブティー~
学名 ルブス・イダエウス



Rubus idaeus
和名 ヨーロッパ木苺
科名 バラ科
有効成分 フラボノイド配糖体[フラガリン]、タンニン(没食子酸、エラグ酸)
ビタミンC(微量)
作用

生理痛・生理前症候群・出産準備・下痢・口腔粘膜の炎症

鎮静・鎮痙・収れん

ブレンド例 +セントジョーンズワート/月経痛の緩和に、産前産後のサポートティー
+ローズ+ローズヒップ/月経前の身体を整える
38)ラベンダー  
清めと安らぎ
学名 ラウァンドゥラ・アングスティフォリア




Lavandula angustifolia
科名 シソ科
有効成分 精油・フラボノイド・タンニン
作用

鎮静・鎮痙・抗菌

神経性胃炎・神経性の偏頭痛・ストレス性の高血圧・不眠

不安・就眠障害・神経疲労

細胞成長促進作用・オールスキンタイプ・トラブルスキン

ブレンド例

+ペパーミント:頭の疲れをクールダウンしたい時に。

+ベルベーヌ+ローズ:リラックスしたい時、眠る前に。

39)リンデン   
~シューベルトの子守唄~
学名 ティリア・エウロパエア



Tilia europaea
和名 西洋菩提樹(セイヨウボダイジュ)
科名 シナノキ科
有効成分 フラボノイド配糖体[ルチン、ヒペロシド、ティリロシド]、
粘液質[アラビノガラクタン]、タンニン、
フェノール酸[カフェ酸、クロロゲン酸]、精油
作用

発汗・利尿・鎮静・鎮痙・保湿

風邪および風邪による咳・上気道カタル・高血圧

不安・不眠・興奮を鎮める・心身の緊張感緩和

保湿・エモリエント(柔軟化)・緩和な収れん・敏感肌・乾燥肌

ブレンド例

+オレンジフラワー/心身の休息、安眠のブレンド
+ジャーマンカモミール+カレンデュラ/肌荒れをやわらげる外用に

40)ルイボス 
~赤褐色のパワーハーブ~
学名 アスパラトゥス・リネアリス




Aspalathus linearis
科名 マメ科
有効成分 フラボノイド[ルテオリン]、フラボノイド配糖体[アスパラチン]、    
タンニン、フェノール酸[カフェ酸]
作用

抗酸化・代謝促進

ブレンド例

+ローズマリー/抗酸化ブレンド、心身ともに疲れているときに
+レモングラス+ペパーミント/リフレッシュ、美味しく飲むブレンド

41)レモン  
~免疫力、エネルギーを高める~
学名 キトルス・レモン
【圧搾法】



Citrus limon
科名 ミカン科
有効成分 リモネン、シトラール、オクタナール、リナロール
作用

消化器系機能亢進・免疫系機能亢進・抗菌

頭痛緩和・リフレッシュ・精神疲労からくる頭痛や身体の不調
感染症の予防

精神疲労を取り払い集中力を回復

ブレンド例

+ユーカリ/風邪、インフルエンザなど感染症予防の芳香浴
+ローズマリー/リフレッシュ、元気のない時に
+オレンジ+マンダリン/心の安定、安らぎの時間に、食欲がない時に

42)レモングラス  
~消化器ケア、心身賦活~
学名 キンボポゴン・キトラトゥス
【水蒸気蒸留法】



Cymbopogon citratus・C.flexuosus
和名 コウスイガヤ・レモンソウ
科名 イネ科
有効成分

シトラール、ミルセン、メチルヘプテノン、                

ネロール、ゲラニオール

作用

ストレス緩和・防虫・消化器系機能調整

ブレンド例

+ゼラニウム/虫除けの芳香浴
+ユーカリ/部屋の空気をリセットしたい時に

43)レモンバーム  
~心身のレスキューハーブ~
別名 メリッサ



学名 メリッサ・オフィキナリス
Melissa officinalis
和名 西洋山薄荷(セイヨウヤマハッカ)
科名 シソ科
有効成分 精油、シソ科タンニン、
フェノール酸[カフェ酸、クロロゲン酸、ロスマリン酸]
作用

鎮静・鎮痙・抗菌・抗ウイルス

ブレンド例

+ジャーマンカモミール/ストレスの様々な症状をやわらげる
+ラベンダー/眠る前のリラックスティー

44)ローズ  
ハーブの女王
学名 ロサ・ガリカ




Rosa gallica
科名 バラ科
有効成分

精油・(シトロネロール・ゲラニオール・フェニルエチルアルコール) 

タンニン・有機酸

作用

口腔の炎症・咽頭粘膜の炎症・便秘・下痢・不正出血

神経過敏・悲嘆・不安

収れん・保湿・整肌・オールスキンタイプ

ブレンド例

+ローズヒップ+ハイビスカス(少々)…華やかなピンクのハーブティー
+マローブルー+オレンジフラワー+ジャーマンカモミール…お花ブレンド、香りやポットの中の色合いも楽しめる

45)ローズヒップ 
ビタミンCの爆弾
学名 ロサ・カニナ
偽果



Rosa canina
科名 バラ科
有効成分 ビタミンC・ペクチン・果実酸
カロテノイド[リコピン、β-カロテン]、フラボノイド、ビタミンE
作用

炎症や発熱など、ビタミンC消耗時の治療の補助
インフルエンザなどの感染症の予防・便秘

シミ、しわの予防

ブレンド例

+ハイビスカス+ローズマリー:疲労回復、活力アップに。

+ダンディライオン:便秘のケアに。

46)ローズマリー    
リフレッシュ、活性
学名 ロスマリヌス・オフィキナリス
【水蒸気蒸留法】



Rosmarinus officinalis
和名 万年郎(マンネンロウ)
科名 シソ科
有効成分 α-ピネン・カンファー・ボルネオール・1,8-シネオール
作用

中枢神経系(脳)機能亢進・消化器系機能調整・血液循環促進・抗酸化・老化防止

肩こり・腰痛・筋肉痛・痛風・関節炎・リウマチ・消化不良・便秘

記憶力と集中力を高める・リフレッシュ

活力のない肌・ヘアケア

ブレンド例

+レモン+ペパーミント:リフレッシュ、スッキリ目覚ましの芳香浴に。

+ティートリー:フケ予防、ヘアトニックに。

47)ローマンカモミール   
~心身のこわばりを解きほぐす~
学名 アンテミス・ノビリス
【水蒸気蒸留法】



Anthemis nobilis
和名 ローマカミツレ
科名 キク科
有効成分 アンゲリカ酸エステル、カマズレン
作用

鎮静・緩和・鎮痙・消炎

胃潰瘍等の神経性消化器障害・筋肉および消化器系の痙攣
生理前症候群・生理痛・緊張からくる頭痛

神経性過敏およびそれに伴う不眠・不安・抑うつ・興奮
生理前後のイライラ

鎮静目的のフェイスマッサージ

ブレンド例

+ベルガモット/心を明るくおだやかにする
+ラベンダー/眠りを深める