手の治癒力”触れる”を学び”セラピー”を深める

  • お知らせ活動紹介
  • 11月26日(月)、第31回卒後研修会を開催いたしました。
     
    今回の卒後研修会は、桜美林大学リベラルアーツ学群教授、山口創先生をお招きして、『手の治癒力”触れる”を学び”セラピー”を深める』をテーマにお話しをしていただきました。
     

     
    会場はキャンセル待ちが出るほどの満席で、受講生の皆さまの熱気でいっぱいでした。
    ハンドケアセラピスト認定講座で必ず登場するオキシトシン。ハンドケアを行うと分泌されるオキシトシンですが、山口先生のお話から、実験の過程やたくさんの効果、介護や子育て、コミュニケーションなど、さまざまなシーンで大活躍するオキシトシンについて学ぶ事ができました。
     
    今回は新しい言葉、“C触覚繊維”も学ばせていただきました。これもまたハンドケアにはとても大切な内容のお話でした。
     
    受講生のみなさまからは、「触れることの大切さを改めて学ぶことができ、もっと先生のお話を聞きたかった」という感想が一番多く、終わったその時から次回のご要望をたくさんいただきました。
     
    講座後のお茶会では、みなさまからオキシトシンや触れ方など、たくさんの質問をいただきますと、山口先生から興味深い回答をいただき、さらに理解が深まりました。
     
     

    一覧はこちら