第11回 日本園芸療法学会 ポスター発表

  • 研究報告
  • 【第11回日本園芸療法学会】

    去る2018年11月24日~25日に第11回日本園芸療法学会が開催されました。西九州大学 リハビリテーション学科の小浦誠吾教授と、当協会代表理事の池田明子の共同研究に関するポスター発表が行われました。
    テーマは「認知症予防プロジェクトの中核としての能動的・受動的園芸療法‐能動的技法と受動的ハンドケアトリートメント技法等の組合わせの可能性‐」です。
     

    【日本園芸療法学会とは】

    園芸療法についての情報交換および、学術研究を高めること、園芸療法の発展、さらに心身の健康と治療、予防、福祉領域への活用を目指すことを目的に、2008年(平成20年)3月に設立された学会です。
    学会のホームページはこちら→http://www.jht-assc.jp/index.html
     
    【発表内容】
    ポスター発表要旨(PDF)
    ポスター発表資料(PDF)
     

    一覧はこちら